法律Q&A Question&Answer | 弁護士法人 おおたか総合法律事務所 (OTAKA Law Office)

新宿Office
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-4
アコード新宿ビル9階

営業時間:
月~金(9:30~18:30)
土日法律相談可(要予約)

Tel: 03-6273-1490
Fax: 03-6273-1491

流山Office
〒270-0114
千葉県流山市東初石6丁目185-1
(新D102街区1)
グランデアストーレ102号室

営業時間:
月~金(9:30~18:30)
土日祝可(要予約)

Tel: 04-7192-7370
Fax: 04-7192-7371

【医療訴訟】猥褻事件(1)私は胸部の手術を受けたのですが、その際麻酔から覚めかけの時に診察に当たった医師が猥褻な行為をしました。許すことはできません。どうしたらいいでしょ

2016. 08. 28
【Q. 質問】 (1)私は胸部の手術を受けたのですが、その際麻酔から覚めかけの時に診察に当たった医師が猥褻な行為をしました。許すことはできません。どうしたらいいでしょうか。 今回のQ&Aは、「診察装い、女性患者にわいせつ行為の疑い 外科医の40歳男逮捕( http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00334368.html )」と、医師の猥褻事件として大々的に報道された後、病院側から「警視庁による当院非常勤医師逮捕の不当性について抗議する( http://yanagihara.kenwa.or.jp/statement.html 

【医療訴訟】猥褻事件(2)私は外科医ですが、胸部手術を行った患者から猥褻行為をしたと訴えられ逮捕されました。身に覚えはありません。今後どうなりどうしたらいいでしょうか。

2016. 08. 28
【Q. 質問】 (2)私は外科医をしておりますが、胸部の手術を行った患者が麻酔から覚醒中に診察をしたところ、猥褻な行為をしたとして訴えられ、逮捕されてしまいました。警察官は、被害者の女性から採取したサンプルから私のDNAが検出されたと言っていますが、身に覚えはありません。今後どうなるでしょうか、またどうしたらいいのでしょうか。 今回のQ&Aは、「診察装い、女性患者にわいせつ行為の疑い 外科医の40歳男逮捕( http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00334368.html )」と、医師の猥褻事件として大々的に報道された後、病院側

【医療】福島県に住んでいるのですが、子供に甲状腺がんが発見されました。東京電力若しくは国に損害の賠償を求めることは可能でしょうか。

2014. 08. 27
【Q. 質問】福島県に住んでいるのですが、子供に甲状腺がんが発見されました。東京電力若しくは国に損害の賠償を求めることは可能でしょうか。 【A. 回答】大変難しい問題ですが、現在公表されている複数のデータを見る限り、賠償が認められる可能性はあります。 【解説】原発事故による被曝と、甲状腺がんの発生の因果関係は現在のところ明らかになっていません。少なくとも現在までに明らかになっている複数の国の調査からは、従来考えられていたよりもはるかに多くの甲状腺がんの発生が認められていますが、一方でそれは「スクリーニング効果によるものである。」と言う意見もあります。原則として被曝と甲状腺がんの因果関係は、原告

【医療訴訟】私は内科の開業医をしています。湿疹と診断してフォローしていた患者さんが、自分で大学病院を受診したところ、実は有棘細胞がんだと分かり、転移も発見されました。患者

2013. 10. 31
【Q. 質問】私は開業医をしています。数年前から半年に一回くらい皮膚にできた湿疹を見せに来る患者さんがいたのですが、軟膏を出して次の週に来るように言うと、毎回来なくなるので、てっきりそのたびに治っていたと思っていました。ところが、その患者さんが大学病院で検査したところ、その湿疹は有棘細胞がんだったことがわかり、転移も発見されました。患者さんは私を訴える予定とのことです。どうしたらいいでしょうか。 【A. 回答】ご相談のとおりであるなら、ある種の誤診であることそれ自体は、認めざるを得ないものと思います。しかし内科の医師が通常の湿疹と有棘細胞がんを鑑別することは必ずしも容易ではなく、早期に皮膚科専

【医療訴訟】高齢の母が病院に入院していたのですが、突然様態が悪化して亡くなってしまいました。原因はよくわからないのですが、何かミスがあったのではないかと考えています。どう

2013. 10. 08
【Q. 質問】 高齢の母が病院に入院していたのですが、突然様態が悪化して亡くなってしまいました。原因はよくわからないのですが、何かミスがあったのではないかと考えています。どうしたらいいでしょうか? 【A. 回答】医療訴訟において証拠のほとんどすべては、相手側医療機関にあります。解剖を含め、なるべく早く確実に証拠を確保する為に、躊躇せず、弁護士に相談してください。 【解説】医療訴訟に特徴的なのは、「原因の因果関係を確定するのが難しい。」と言うことです。お母様もご高齢とのことですし、入院していた以上軽くない病気もあったもの思います。この場合、医療機関側にミスがある場合、ない場合、また、ミスがあった
1  2